2018年08月20日

「RPA」は人類の救世主になりうるか!?

「RPA」は人類の救世主になりうるか!?(アイキャッチ1)

メディアに氾濫する「RPA」ってなに?

何気なく見ているTVや新聞、インターネットで、最近よく「RPA」という文字を目にすることが多くないですか?確かにここ最近、「RPA」に関わるお仕事情報を目にすることも、増えているんです。ところが、ニーズが増えている一方で、経験者がまだまだ少ない「RPA」。このページをご覧の方の中にも、「RPA」ってなに?って思いつつも、そのお仕事にちょっと興味を持ち始めている方もいるかもしれませんね。そんな方々に、「RPA」の全体イメージをつかんで頂くため、軽いタッチでご紹介させて頂きます。

「RPA」って社員なんです

「RPA」は人類の救世主になりうるか!?(廻込1)話題の「RPA」、正式な名称は「Robotic Process Automation」といいます。ロボットって所が気になりませんか?ロボットって聞くと、工場の中でたくさんのロボットが効率良く、たくさんの物を作ってるイメージじゃないですか?もしかすると、「ペッパーくん」や「AIBO」を思いだす人もいるかもしれませんね。「RPA」は、多くの皆さんが想像する工場や自宅にいるロボットではありません。会社のオフィスの中にいるロボットです。コンピューターの中に存在するロボット、ソフトウェア・ロボットとして、疲れることも、休むこともなく、効率良く仕事してくれる、有能なロボット社員ということなのです。

「RPA」は労働力減少社会の処方箋!?

現在の日本は、人口減少社会。労働力の減少も避けられない状況です。労働力が減少し続ける日本において、今まで以上の仕事をこなすためには、業務効率を高めて生産性を上げる必要があります。その生産性up対策のひとつとして注目を浴びているのが、「RPA」なのです。

業務効率を上げるため、企業は既に色々なシステムを導入しています。でも、システム導入となると、とたんに面倒そうでハードルが上がりますよね。「RPA」とて、ソフトウェア・ロボット…きっと導入するためには、他のシステム同様、面倒が沢山あるように思っても不思議ではありません。ですが、「RPA」はごりごりのITエンジニアではない、私のような事務職の人間にとっても、使い易くて、効果をすぐに体感できる優れものなのです。

「RPA」が活躍するための処方箋

「RPA」は人類の救世主になりうるか!?(廻込2)例えば、会社で強面の上司から「業務効率をもっと上げろー!」と言われると、まず業務フローの見直しに取り掛かりますよね。現在の業務フローを洗い出し、部門のメンバーで喧々諤々…「この作業は要らないよね?」とか、「あそこの作業と同時に処理すればもっとスムーズに仕事が進むかも?」等々、話し合い、業務の無理や無駄をなくそうとします。

「RPA」活躍のための下準備とは

「RPA」が活躍するためには、業務フローを洗い出す・作業工程毎に見える化することが、大きなポイントです。見える化した各工程を精査した上で、「この作業をロボット君に任せよう!!」となる訳です。そして対象となる仕事を、どこのデータを使って、どういう手順で、どう処理していくか、ロボット君に教えていくことになります。こうして今までは、ひとが多くの時間を使って行っていた業務の一部を「RPA」が担うようになります。

「RPA」が生み出す新たな仕事

「RPA」によって、私たちは、手間のかかる作業から解放される可能性が広がります。しかし、その一方で、従来の業務を可視化したり、「RPA」に任せる仕事を決めたり、それぞれの仕事を「RPA」に覚えさせなければなりません。「RPA」の登場は、私たちが手間のかかる作業から解放される可能性が広がるのと同時に、広大な未開拓の「RPA」関連の仕事ニーズが生まれてくると言えるのかもしれません。

「RPA」がもつ言い訳出来ないデメリット

「RPA」は人類の救世主になりうるか!?(廻込3)ここまではいいことづくめの「RPA」。でもね…当然デメリットもありますよ。例えば、ロボット君が行う業務、ケアレスミスは絶対に発生しません。絶対にです!そして、もしロボット君の行った処理にミスが発生した場合は…それは人間様のせいになります。理不尽ですよ、そんなの。でもここで「ロボットと人間様、どっちを信用するんだ?」なんて質問は愚問です。なぜロボット君のミスが人間様のミスかといえば、、、それはロボット君への指示ミス、人間様の設定ミスだからです。ロボットは、絶対に人間が指示したとおりにしか動かないのです。

ロボットに教えるという仕事をはじめよう

一部、人間が言い訳出来ない理不尽かつブルーになる側面もありましたが、ここまでご覧になっていかがでしょうか?「RPA」(ソフトウェア・ロボット)をオフィスに導入する企業は、今後益々増えそうだ!と感じる方も多いのではないでしょうか。だとしたら…導入がはじまりつつある今だからこそ!「RPA」に関わるお仕事を志してはみませんか?

 

「マイキャリア」リンク(挿入)
~加速度的に拡がる「RPA」の仕事を探すなら・・・求人情報の「マイキャリア」~

「RPA」は人類の救世主になりうるか!?(挿入)

 
この記事もおすすめ
人気の記事
最近の記事
彼氏が”Ruby”を貪る理由(アイキャッチ1)
彼氏が”Ruby”を貪る理由
家庭で、職場で、抑えられないイライラ感情撃退法(アイキャッチ)
家庭で、職場で、抑えられないイライラ感情撃退法
職務経歴書の謎を紐解く書き方大解剖(アイキャッチ)
職務経歴書の謎を紐解く書き方大解剖
「RPA」は人類の救世主になりうるか!?(アイキャッチ1)
「RPA」は人類の救世主になりうるか!?
ワタシでもなれる?ネットワークエンジニアへの道(アイキャッチ)
ワタシでもなれる?ネットワークエンジニアへの道〔2018.11.07
あなたもチャレンジ!注目集めるWEBサイトを作る仕事(アイキャッチ)
あなたもチャレンジ!注目集めるWEBサイトを作る仕事〔2018.11
仕事の未来が不安になったら・・・知っておきたいキャリアコンサルティング(アイキャッチ)
仕事の未来が不安になったら・・・知っておきたいキャリアコンサルタント
社内ヘルプデスク担当に聞いてみた!業務の厳しさ、やりがい、人気の秘密とは?(アイキャッチ)
社内ヘルプデスク担当に聞いてみた!業務の厳しさ、やりがい、人気の秘密
業務効率UP&ストレス解消を実現するVBAの効能(アイキャッチ)
業務効率UP&ストレス解消を実現するVBAの効能
SOSに気づいたら…気にしておきたいメンタルヘルスケア(アイキャッチ)
SOSに気づいたら…気にしておきたいメンタルヘルスケア